ルカ11:37-54                      2018.9.9
テーマ:外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている。(39)
 律法学者、ファリサイ派の人々を非難する内容は、マタイ、マルコ、ルカの福音書に登場するが、話の対象は、私達に対する教えでもある。

 「群衆と弟子たちにお話になった」(マタイ23:1)手を胸に当てて考えれば、誰にも当てはまる内容であることである。「彼らの言うことは、すべて行い、守りなさい。しかし、彼らの行いは、見倣ってはならない。言うだけで、実行しないからである。」(マタイ23:3)イエスは、「彼らの言うことを聞きなさい、真実を言っているから。ただやっていない」と言う。イエスのファリサイ派の人々に対し、事実を述べ、そこから彼らの悔い改め、救いを勧めていて、イエスの心の広さを改めて知る。
 この箇所全体に共通することは、39節の「外側」と「内側」の違い、外見と内面、言う事と行う事の不一致であろう。外側を整え内側が整うのでなく、内側をいい加減にして外側を整えようとする欠点を示している。 
〇ファリサイ派の人々に対して。(4点)
・外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている。
外部を綺麗にし、外見を立派にしても、心の内部まで綺麗にならない。反対に心の内部が清いなら、たとえ外見・外見が綺麗でなくても、外見もみな綺麗なものに映る。 
・1/10のささげもの。
 律法を守ること(レビ27:30P209)に熱心であること、それはそれでいいこと。しかしそれよりもさらに大切な正義、公平、神に対する愛

 をいい加減にすることは誤りで、大切な事を棄て枝葉を重んずるのは罪。
・上席に座ること、人前で挨拶されるのを好むのは、虚栄心の現れ自己満足の世界。
・人に避けられ、穢れていることに気が付かない人。
〇律法の専門家に対して。(3点)
・人に重荷を負わせ、自分は触れもしない。
・先祖が殺した預言者の墓を自らの手で建てている。
・知識のカギ(キリスト)を取り上げ、自分は入らず(信じようとせず)、入ろうとする人(信じようとする人)をも妨げる。
 これ等全てに共通するのは、「外側」と「内側」の格差があること。「外側」は人間、「内側」は神であり、私たちは普段、神(内側)を意識するよりも、人(外側)を意識することが多い。信仰、信仰、と言っていても実際の心の有りようは、人ばかり気にしている実際の姿を直視せよ、の教えである。従って、パリサイ人、律法学者を相手に言っているようであるが、実は、我々に向かって言っている、と考えなければならない。
▢結びのことば
 欠点を指摘されるとき、私たちは自分を切り離し、私には関係ないと思うことが多い。しかし冷静に欠点の内容を考えると自分自身に関係し、反省しなければならないことに気づかされる。嫌な話は、時分とは関係ないことと切り離す合理的な割り切る態度を改めねばと思う。

 

                            ルカ12:1- 34                   2018.9.16
テーマ:思い悩ぬな(22)
 多くの群衆が集って来て、弟子たちは、イエスの伝道の成果に驚き、喜ぶばかりで、今後待ち受ける困難さを思うこともないため、イエスは、ここで弟子たちへ生活態度の訓めを話された。
 「神に対して豊かになる者」(21)とは、「富(宝)を天に蓄えること」(マタ6:20)で、自分の財産を神のために用いること、自分の富を用いて苦しむ者、貧しい者を助けることである。人は、巨額な富を築いたところで自分の命をほんのわずかでも延ばすことができず(25)、神の御力の前では、どんな億万長者も願いは叶わない。神の前では万人が被造物、作られた人間に過ぎない。「神の前に富む者」は、貪欲に支配されず、生活するために必要最低限のソコソコの資材で十分と思える人である。物資が乏しいな、と思える程度の生活の方が、心豊かな生活できる。
 昭和30年~40年代の日本は、人々は、物資が乏しかったため、物の有難味を感じて生活した。人の優しさ、情が溢れていた時代であり、今思えば、イエスの「自分のように隣人を愛しなさい」の聖書の教えに忠実に従いやすい時代、イエスの教えに包まれていたような時代であったように思う。
 弟子たちは、相続に悩むほどの遺産もなく、最低限度の生活を確保することが容易でない弟子たちは自分の所有物すべてを捨ててイエスに従ってきた。弟子たちが何を食べようか、何を着ようか、と毎日の生活を心配するのは当然であるが、イエスは、「命のことで何を食べようか、体のことで何を着ようか、と思い悩むな」(22)と言われた。
財産を「むさぼるな」、無産者生活を「思い煩うな」と言い、人の命の維持に必要なものは、必ず神が与えてくださる、と言われる。あなた方の創造主である神は、あなたがたの体と命に必要なものを与えないはずがない、と。ましてや、その身を捧げて神の国の福音に仕える使命を与えられたイエスの弟子たちに、神は体と命を維持しないはずはない、と。
 一方、信仰を持たない世の人は、衣食のことに没頭している。しかしあなた方は、生活のことは神に信頼し煩うな、天の父はあなた方の生活に必要なものは知っており、必ず養ってくださる。あなた方が心がけることは、「神の国」であり、父の御国を求めさえすれば、生活に必要なものは、与えられる。 
 私たちは、自分のために富を蓄えず(21)、貧しい人のために施すべきである。(33)
この世の人は、自分の蓄えた財産が気になり、心の平安が乱れる。「神の前に豊かになる者」は、常に天の栄光に心を向け、信仰により思い煩わない。この世に財産を蓄える者は地のことをお思い、天に宝を蓄える者は天のことを思う。イエスはそのことを「あなた方の富のあるところに、あなた方の心もある」(34)と言われた。
▢結びのことば 
 この世のこと、日常生活のことで心が一杯になったら、外に出て自然を眺めることが必要です。空を見て、神を仰ぎ見て、山や空、大自然を創造された主を向かい、思い切って空気を吸って、心のとりとめのない不安、悲しみを吐き出そう。無心に咲く野の花のように、自分を捨てたなら、空っぽになった心に、いつの間にか救い主が入っていてくださる。大空を仰ごう。