ルカ10:21-42                 2018.7.8
テーマ:行って、あなたも同じようにしなさい(37)
 10章に、ルカだけに記された「善いサマリア人」が登場する。(25-37)イエスのところに律法学者が来て、イエスに二つ質問した。まず、「何をしたら永遠の生命を頂くことができますか?」。イエスは答えます。律法の中の戒め二つ心から神を愛しなさい、(申命記6:5)隣人を自分の如く愛しなさい、(レビ記19:18)でした。次に、「隣人とは誰ですか?」。イエスは答えます。追いはぎに遭い半殺しに遭った旅人に対する三人の態度について……祭司は、その人を見るなり反対側の道にわたり通り過ぎた。レビ人も祭司と同じであった。サマリア人は、傷を手当てしロバに乗せ宿屋で介抱 預け、費用全部払いますと伝えた。この三人の対応を説明された。その後、今度はイエスから逆質問した。「この三人の中で隣人とは?」と。
 イエスは、旅人を助けたサマリア人になれない法律の専門家に「追いはぎの隣人になった人はサマリア人です」と答えさせられました。イエスを試そうとした律法専門家がイエスに試された形となりました。教えるだけでなく実行せよと言われたようなもので、イエスの勝利です。
 律法は、神様の要求するところのもので、人間には、完全に答えられないもので、そのことは律法の専門家も重々承知していた。神様が人間の姿になられ、ひとり子イエスをこの世に遣わされた新しい時代を迎えた今、何をしたらよいのかと考えることをしなくていい。もう永遠の命=イエスはやって来られた。我々は感謝して受け取ればいい、これがイエスのメッセージです。我々はただイエスにすがることにより永遠の命を得ることができる。私たちの世界は、何かすることにより得るのではなく、イエスの為されたことをいただくこと=イエスが十字架に召され、身代わりとなってくださった神の愛、この愛を素直に信じることによりできる。それが、25節「何をしたら永遠の命を得ることができるか?」の答えです。
 次に、マルタとマリアが登場します。(38-42)これもルカだけの記事です。一生懸命接待したマリア。マリアはいいことを選び、マルタは心を取り乱したことがいけなかった? 私たちは、姉妹のマルタ、マリアのイエスを迎えた態度、信仰を比較しがちですが、それは事の本質ではありません。今、新しいものをイエスがもたらしてくださった。十字架により新しい恵みを代価なしに与えてくださった恵みの世界、代価なしに与えてくださった恩寵の世界がやって来たことを心から受け止め、喜ぶことです。私達のところに来てくださったイエス様を喜ぶこと、これが信仰生活、主を喜ぶことが信仰生活です。 
 神がどんなに私を愛されたかを喜ぶこと、それをいい加減にして、何をしようかでないです。今我々クリスチャンにとり一番大事なことは、マリアの様に御言葉に聞き入ることです。 
こんなにつまらない者、穢れた者、いやな者、だらしない者、都合のよい時だけ神様助けてくださいとすがるいい加減な者、そういう自分を愛してくださるイエス様を感謝することです。まずは、イエスが私のところに来てくださった喜びを心から受け止め、喜ぶこと、そこから新しい自分を見出すこと、そして一人一人の感謝の応答が始まると信じます。
▢まとめとして 
 私たちは、イエスの為されたことをいただくこと=イエスが十字架に召され、身代わりとなってくださった神の愛、この愛を素直に信じること、これによって永遠の命を得る事ができます。私のところに来てくださったイエスを信じ、受け入れ、共に歩むこと。永遠の命はイエスであり、イエスそのものが恵みであり、福音です。 


                          

                          ルカ11:1-23              2018.7.15
テーマ:執ように頼めば(8)
 イエスは、祈りの人と言われるようによく祈られました。11章の初めにも「イエスはある所で祈っておられた。」(1)と記されています。ルカによる福音書には、祈りに関することが、10か所記されている。5-13節では旅行中の友人に与える食べ物を求めることが紹介されています。このところでイエスは、如何に祈るかを教えています。
 ここの教えは、「熱心に祈りなさい」に尽きます。「しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう。」(8)と。
自分の事でなく友のために、これ程熱心になれるだけでも素晴らしいとです。しかし、イエスは友のためであっても、それだけの理由では、不足であると言う。切なる求めがなければ駄目だと。夜になり、玄関の戸を閉め、子供と一緒に布団に入り寝静まる、そんな時にわざわざ布団から出て、戸を開け、話を聞くことは、勘弁してくれ……と。昼間であれば、友であれば、すぐ願いに応えられる。しかし時間が時間であり、子供たちがやっと寝静まった時は、犠牲があまりにも大きい。この状況を打開する祈りは、通り一遍の薄っぺらな祈りは、相手に届きません。
 「求めなさい、探しなさい、たたきなさい」(9)…徐々に過激な行動となっています。これが熱心な態度です。ヨハネ福音書にも熱心に祈りなさいとあります。「はっきり言っておく。あなたがたがわたし(イエス)の名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」(ヨハネ16:23-24)
 たとえ、願いが叶えられなくても、熱心で真実な祈りをした者には、聖霊を与えてくださる。聖霊が与えられることは、祈る前には無かった目に見えないオブラートのような囲いの中に招かれたようで、言葉では表現出来ない安らぎ、平安に包まれる。この特別な空気が聖霊による賜物である、と私は思っています。祈りの後に言いようのない安らぎに満ちた実感を与えられることは、信徒の絶大な慰めです。
 如何に祈るか…それは隣人を愛したいが実現できない、そのことを通し己の至らない罪を感じた者の呻きです。何かしたいができない。神は、「私の愛に従って来なさい」と言いますが、神の言葉に従いながらもそこに到達できず、困って叫ぶ祈りができますようと願い、この祈りこそ本当の祈りと感じます。熱心に祈ることも大切であるがそれよりも何よりも、愛の不足を感じることが大切であり、愛していこうという気持ち、願いに対し、神は、祈りの中で答えられます。
▢まとめ 
 如何に祈るかの本は、隣人愛を実現したいができない、そのことを自覚した時、自分の罪を感じた祈りが本当の祈りであり、この祈りを神は待っておられる。「わたしについて来たい者は、十字架を背負って、わたしに従って来なさい」というイエスの招きのみ言葉に対し、現実の自分の姿は、どんなにかけ離れているのだろう。現実の小さき者、至らない者の姿を示されて歩みたい。