ルカによる福音書4:16-44                2018.3.11 
テーマ:「黙れ、この人から出て行け」とお叱りになる(35)
 幼少時期、ナザレで過ごされたイエスは、30歳となり、その間に知識が深まり、教養が身に付き、見識が広まり、世の善悪が敏感となり、立派に成長された。しかし、幼い時のイエスの様子を一部始終しる隣人たちは、幼い頃のイメージが脳裏に残り、成長されたイエスを純粋に受け入れることが出来ず、昔のままのイメージでイエスを眺めた。
 このことは、ナザレの人々だけでなく、一般的にどの国どの地域も同じであろう。出世して郷里に錦を飾っても幼い頃のイメージで見て、尊敬の念よりも幼少の頃のイメージが固定観念となり成長された人物を素直に受け入れない傾向がある。また、それとは真逆で、仰々しくヒーロー扱いで迎え、オリンピックメダリスト等、町おこしとして一役買ってもらうと、本人もそれを生きと感じ、育ててくれた郷土への恩返しと前向きに考える。
 イエスは、ナザレを追い出され、ガリラヤ地方のカファルナウムに入り、ナザレ同様、安息日に会堂で人々に説教された。その会堂に悪霊にとりつかれた男がいて、わめきたてた。 「ああ、ナザレのイエス、かまわないでくれ滅ぼしに来たのか 正体は分かっている 神の聖者だ」(34)その男に向いイエスが叱ると、悪霊はその男から出て行った。この出来事を通し、一般の人にはできない奇跡を起こす能力がイエスにあることを示す結果となった。
 我々は、奇跡をどう考えたらよいだろうか。これは、大事な事であり、人によっては躓き、信仰から離れることもある。内村鑑三はこう言われた。「イエス・キリストを神の子と信じる者、人間の姿となりこの世に生まれ、世の罪を除くお方と信じる者は、奇跡を見ても怪しまない。奇跡は神の子に相応しい当然の事である。これだからこそ、キリストはわたしたちの救い主である 信者にとり奇跡の記事はただ然り然りである」と。
 悪霊は、人々よりも敏感に、しかもいち早くイエスの力を知り「ナザレのイエス、正体は分かっている 神の聖者だ」(34)と言った。さらに「イエスをメシアだと知っていた」(41)と言って人々から出て行った。
 悪霊に取りつかれた男は、イエスが現れると同時に現れる。イエスが光であれば、悪霊は影であり、表と裏の関係にある。光の輝きが増せば増す程、影も濃くなる。イエスが活動すれば悪霊も活動する。この世も同じで善人が現れると、悪人も現れる。イエスの行動に対し、悪霊は人々よりも敏感である。それだから「神の聖者だ」と叫ばれた。
 イエスを知り、信じる人は、わが内なる罪を感じるようになり、信仰が深まればますます罪意識が増すようになる。信仰と罪の関係も光と影の関係と同じである。悪霊の出現にアタフタしたり、信仰を捨てりすることがないよう、ただキリスト・イエスをしっかりと信じて歩まねばいけないことを実感する。
🔲まとめとして                
 悪霊は、群衆よりもイエスの本質を見抜いていた。悪魔、聖霊は神により支配され、その支配の下で行動している。このことをしっかり認識しなければいけない。私達は、「神は全知全能者であり、万物の創造者である」ことをどれだけ真剣に疑わず信じることが出来るのか、が問われているのである。
 

 

 

 

                      ルカによる福音書4:38-44               2018.3.18 
テーマ:神の国の福音を告げ知らせなければならない(43)
 イエスが「熱をしかりつけた」(39)のは、病をもたらすものは悪霊の仕業と知っていたからである。これは「黙れこの人から出て行け」(35)の時と同じように、イエスは悪霊に対し上から目線であった。というのも悪霊の本質、人を苦しめる存在であることを知っていたために、厳しい言葉を言い放った。
 するとシモン・ペトロのしゅうとめは、熱が下がっただけでなく、体力も回復した そして彼女は「すぐに起き上がって一同をもてなした」(39)人々に必要な物は何か、と気を配った。彼女の奉仕の姿勢が素晴らしい 神は、私たちが他の人々に仕えるよう、健康を与えてくださっている 隣人を愛することを彼女は実践した 隣人愛、奉仕の精神が身に付いている人の素晴らしさを教えでくれる。
日が暮れると人々は、多くの人が病人をイエスのもとに連れて来た。(40)なぜなら、安息日だったからである。(31) 安息日は、金曜日の日没から土曜日の日没までであるため、人々は安息日に旅することを禁止する律法を破りたくなかった だからイエスの所に行くことを、安息日に日が暮れるまで待った。
 イエスは、朝になると人里離れた山へ出かけられた。(42) 一人になり神と向き合い、静かな場所で祈ることの必要を感じたからである。常日頃から祈りの時を持っていた。 イエスの祈りは、5:15-16、6:12、9:18、28、11:1、21:37、22:39-40等、多くの箇所に登場する。
 イエスの使命は、病気を癒すことではなく、あくまでも霊魂の救いにあった。病の癒しは、愛する自然の行為であるが、イエスの使命は人々の病気を治すこと以上のものを感じていたため、群衆を避けた。
 イエスが祈りを終え、人里に戻ると「他の町にも神の国の福音を告げ知らせなければならない。私はそのために遣わされたのだ」(43)と言われた。祈りの中で、イエス本来の目的をしっかり見詰めた。そして、「カファルナウムの町を去り、他の町へ行って福音を宣べ伝えなければならない」ときっぱり言われた。
 これはいったいどういうことか‥‥。イエスが神から遣わされた使命は、「神の国の福音を告げ知らせなければならない」ということである。「告げ知らせる」ということは、言葉を伝えること。私たちにとって、何か言葉を告げ知らせられることよりも、具体的に何かをしてくれたほうが良い。カファルナウムにとどまり、多くの病気の人を癒したり、悪霊に取りつかれている人から悪霊を追い出したりする方が、大切なことのように思われる。
 しかし、もしイエスが、カファルナウムの町の人々の言うことを聞き入れて、この町にずっととどまり続けたらどうなっただろうか。カファルナウムの町にはまだまだ多くの病気の人がいただろう。そこで癒しのわざをし続けると、いずれ、また病気になる その癒しには終わりがない。
そのことは、私たちの近くの病院が常に満員であることを想像すれば理解できる。そのようなことになれば、結局、「イエスは優秀な町医者であった」と言われて終わる。イエスが一カ所の町にとどまれば、他の町、他の国に住む者にとっては、イエスという方は、自分たちとは無関係となる。
 しかしイエスの決定は、異なった。「神の国の福音を告げ知らせる」ことが、神から与えられた使命と言われ、初心に帰られた。
🔲まとめとして    
・「神の国の福音を告げ知らせなければならない」が、イエスの使命であり、福音は、イエスが三十四年間この世で過ごされた生涯の全ての

 行い、御業、説教であり、四福音書がその記録である。福音書をしっかりと学びたい。
・福音の理解は、イエスがどんな時にどのような話をされたのか、どのような行動をされたのか、この理解がキーポイントである。聖書は、

 神の話された御言葉、イエスの話された御言葉を中心に学ぶことである。 

 

                           ルカによる福音書5:1-16                2018.3.25
テーマ:お言葉ですから、網を降ろしてみましょう(5)
  イエスがゲネサレト平原(ガリラヤ湖西北岸の平野)、つまりガリラヤ湖の西北の岸辺に立ち、群衆を相手に「神の国が間近に迫った今、悔改めて福音を信じなさい」との神の御言葉を語り終えたイエスは、群衆と別れた。そして舟の持ち主である漁師・シモンに、舟を沖に出し漁をするよう促した。
 イエスの指示をお聞きしたシモンは、「先生、私たちは夜通し漁をしましたが、全く獲れませんでした」と、漁師のプライドもあって、はっきりとした口調で説明した。しかし「そうまでおっしゃるなら網を下ろしてみましょう」と、イエスの御言葉に素直に従った。すると、漁師たちの予想に反し、網が破けそうになるほどのおびただしい魚が網一杯に満ち満ちていた 舟一そうでは引き上げることが出来ず、もう一そうの舟の応援を頼んだ 二そうの舟は沈みそうなるほど魚で一杯になった。
 シモンの「お言葉ですから、網を下ろしてみましょう」(5)が、とても大切な言葉であり姿勢である。この言葉は、今日の学びのキーワードである。「その通りにした」ことが、大切なポイントである 約束を信じ、実行したことがシモンの信仰の原型となった。
 長年の漁師の経験に反し、沢山の魚を手にした出来事におどろいたシモンは、直ちにイエスの足もとにひれ伏し、慌てて申し出た。「主よ、わたしから離れてください わたしは罪深いものです」 するとイエスは、シモンに言われた「恐れなくてよい 今後あなたは人間をとる漁師になる」と。これをお聞きした漁師全員は、舟を湖上から引き上げ、すべてを捨ててイエスの御後に従った。
 シモンの一変した態度は何かきっかけがあったのか。群衆が、イエスに神の御言葉を求めている時に、シモンは背を向け、仕事をする人であった。態度が一変したのは、一つの事実、つまり、イエスの言葉に従って魚が沢山獲れたからである。来る日も来る日も湖に出て生計を維持して来た熟練の漁師であったシモンには、考えられない事で、人知をはるかに超えた出来事に直面したからである。 
信仰生活は、人知を超えた神の力、働きに触れることではないだろうか。信仰は、神の御力、働きを実感できた時に始まる。私たちには神が必要とか、信仰生活をすることがよいとか、いろいろあれこれ考えたり、議論したりすることが、信仰の原動力にはならない。 神が私に迫って来たから信仰せざるを得なくなる、福音を語らなければいられなくなるというものが、私たちの中に起こされてくるところに信仰の原点がある。 
 シモンのイエスへの呼び掛けは、「先生」(5)が、「主よ」(8)に変わった。このことからでも、シモンの支配者、救い主の意味がこめられ、畏敬の気持ちが込められていることが理解できる。 
 イエスはシモンに言われた。「今から後、あなたは人間をとる漁師になる」(10)と。内村鑑三は言われた。「人をとる網は何か、それはただイエスの御言葉あるのみである。」と。
 12節以降は、癒しは神の力の事実である。イエスがある街におられた時、そこに重い皮膚病=癩病にかかっている人がいた。この人は、イエスの姿を見てひれ伏し、言った。「主よ、御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と。イエスは、この言葉に感動し、手を差し伸べてその人に触れ「わかった 清くなれ」と言われた。するとたちまち重い皮膚病は治り綺麗になった。癩病人の素晴らしい信仰が、垣間見える。イエスを拝見すれば、直ちに「ひれ伏し」イエスへの信頼、そして治していただきたい熱いがにじみ出る。
 「主よ、御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」(12)癩病人のこの言葉には、イエスの病を治す力があることを信じていた証しである。「治してください」と願わず、イエスの判断に委ねた。癩病人の信頼する信仰と従順の態度がイエスに届き、イエスはその姿勢を喜び「よろしい(分かった)」と応答し、「清くなれ」と病に命じたのであった。当初、私は、この箇所を読んだ時、癩病人の言葉が理解出来なかった。しかし、この人の言葉は、イエスを信頼する気持ちであることを知った。
🔲まとめとして
 シモンの心の変化の始まりは、イエスの御言葉に素直に従ったことである。魚が溢れるほど獲れた出来事を体験したシモンは、目からうろこが落ち、イエスの実体、御力がはっきりと分かった。
 わたしたちは、神の御業、御力が、本当だろうか、嘘でないだろうか、と迷うことの多い信仰生活を送っているのが現実でないだろうか。信じ切れないこのような生活は、シモンのような驚く出来事に直面することはできない。シモンのように御言葉に素直に従うことが出来るような、心の内の変革が必要である。大事なことは、言われた通りにすること、そうすれば神の力を知ることができ、神がいらっしゃることが確信できる。今も生きておられる神様の存在を体感するためには、推測でなく素直に実行することである。