<2018.11.25>                ルカ16:1-31                     
テーマ:目の前のことに忠実な人は天国で慰められる(10、22)
1-13 抜け目ない管理人のたとえ
 ここでのイエスのたとえの目的は、不正な管理人の「抜け目なさ」が、「光の子ら=イエスの弟子やキリストを信じる者」に奮起を促すことであろう。
 イエスは、弟子たちに対し、神に仕えることが根本であり、そのために地上の富を有効に使用し、これを多くの人に惜しみなく与えて福音のために用い、天国に入ることのできる友を多く作ることが必要であることを示す。
 金持のもとで働く管理人が、財産を無駄遣いしていると金持の主人に告げ口したため、「会計報告を出しなさい」と言われた管理人は、自分の罪が主人に知られたので、直ちに自分の解雇後の生活のことを考え、生活が困らないように策を講じた。
 イエスは、不正を誉めたのではなく、その巧みな方法を誉めた。イエスがこのようなたとえを話されたのは、ただ弟子たち(1節)をこの世の富に対して正しく、また、賢明な対応をして神の国の建設の準備をするように、との意味があった。
 イエスの教えは、弟子たち対し、「不正の富」、つまりこの世の富があるならば、金や知恵、健康や時間などは、あなた方は神から任せられたものであるから、「光の子」は、これを天国に迎えられる準備のため、つまり神のため、福音のためにそれを用いて、多くの人々に奉仕し、信仰の友を作りなさい、とのことであった。多くの友をつくるその巧妙さ(=抜け目なさ)においては、この世の子であった管理人に劣ってはならない。
 この世の富は、天国における真の宝に比べれば、小事である。しかしこれを忠実に神の御心に叶うように使わない者は、魂の救いという大なる問題に忠実ではあり得ない。この世の富を貧しき者に施さないのは、不義、罪である。
19-31 神の国の準備をしなかった金持ち
 この金持ちは特別悪人でもなく、律法違反の罪を犯しているのでもないが、「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい」(レビ19:18)の教えを実行せず、自分自身だけの贅沢な生活を送っていたことが、大きな罪であった。
 一方、腫れ物が出来、ただれている貧しい人・ラザロは、空腹のあまり金持ちの残飯でも欲しいと思ったけれど与えられず、道行く人の憐みによって生きていた。金持ちもラザロも共に死んだ。この世の生活とは正反対に、ラザロは「御使いたちに携えられ」天国に行き、先祖アブラハムの所で永遠の幸福を受け、金持ちは死者の国(陰府の国)で苦しみの中に投げ込まれた。
 金持ちが、特別悪いことをしたわけでもなく、またラザロが特別に良い事を行ったのでもなく、二人の死後の運命が分かれた。金持ちが貧しいラザロを全く顧なかったことが、死後の審判に反映された。一方、貧しいラザロは、自分の運命に従順に従い、呟かず疑わず、一生を送る人であった。神はそのラザロを特に愛されたのである。 
▢まとめとして
 この世の富は、天国における真の宝に比べれば、小事であるが、この世の富を、神の御心に叶うよう忠実に大切に使わない者は、魂の救いという大きな事に忠実ではあり得ない。
 神、イエス・キリストは、一人一人の目の前のことに忠実に生きる人を、天国で慰められる。そのことを私たちは心に刻み、嘆かず、羨まず、唯ひたすら神、イエスキリストを仰ぎ見て、進んでいきましょう。

 

<2018.11.18>                ルカ15:1-32                     
テーマ:死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかった(24、32) 
 ここで、イエスは、三つの悔い改めのたとえを話された。イエスの話を聞こうと徴税人、罪人が近くに集まったが、そこにファリサイ派の人々、律法学者が不平を言った。その不平に対するイエスの3つのたとえ話である。
 第一は、見失った一匹の羊、第二は、無くしたドラクメ銀貨一枚、第三は、いなくなった息子、これら失ったものがすべて見つかった。どうしてだろう? それは悔い改めることが出来たからであろ。特に、三つのたとえの中心は、第三の放蕩息子のたとえである。
・見失った一匹の羊
 迷わない九十九匹をその場に残し、一匹の羊を探しに出掛け、見つけ出した。見つけたら喜びのあまり肩にかけて家に帰り、友人、近所の住人を集め共に祝う。それほど嬉しいことだ。それと同じように、迷い出た一人の罪人が、心を入れ替え神様のもとに帰ってきたら、少しも迷ったことのない九十九人を合わせたよりも大きな喜びが天にある 
・無くした銀貨一枚
 明かりをつけて見つけやすくし、家中を掃除し、見つけるまで探そうと必死であった。その成果があって見つけ出し、友達、近所の人を集め喜び合う。その喜ぶ姿が浮かぶ。それと同じように、一人の罪人が罪を悔い、神のもとに帰ってきたら、ここにいる九人を合わせたよりも、神の使いたちは大喜びする。
・見つかった息子
 遺産を使い果たした弟は、「もうあなたの息子と呼ばれる資格はありません」と言ったが、 その弟が資格を回復した。神の前に資格を失った者に資格を与えてくださるのがイエスである。自分には資格のある者と思う者は、傲慢があり、自分の罪深さに気付いていない姿がある、とイエスは指摘する。恵みを受ける資格が失われていないと思う兄は、父の福音を理解できなかった。
 私たちは、神から愛されたり、赦されたりする資格のない者であることに気付くところから、福音を喜ぶ生活が生まれる。イエスによらなければ、私の救いはないという信仰が生まれる。
 兄は律法的立場から離れることができなかったからである。律法的立場にある者は神の恩恵を知らず、「罪が増したところには、恵はいっそう満ちあふれました。」ことを知らない(ロマ5:20 P280) 自身の罪を感じる者でなかった。それだから、弟の罪を責め、父の恩恵を非難した。
 大切なことは、罪を赦された弟の方が、正しい兄よりも遙かに幸福なる人間となったことで、幸福は、自分の所有や自分の道徳にあるのではなく、神に立帰り神の愛に生きることである。
▢まとめとして
 今日のイエスのたとえの主人公は、迷った一匹の羊でなく、悔い改めた放蕩息子の弟ではなく、放蕩息子の兄、ファリサイ人・律法学者である あなたは、このような人になるなというメッセージである。
 自分に寄り頼み、力むばかりの生活でなく、力を抜き、リラックスして生活しなさい。柔らかな心を持てば、他人の気持ちを推し量ることが出来、豊かな人生を過ごすことが出きる。我々も心に余裕のある人に引き付けられ、自然とそのような人に近づく。  
 主はそのような人のところにやって来る。福音の種もそのような人のところに蒔かれる。
「ごめんなさい」といえる人は、心の入れ替えることのできる人であり、私たちも自分に頼らず、素直にまた直ぐに「ごめんなさい」といえる人になりたいものです。

 

<2018.11.11>               ルカ14:25-35                    
テーマ:弟子の条件は、肉親を憎む覚悟がいる
 イエスは、一緒について来た群衆に、振り向いて言われた。その振り向いての意味は何だろうか? イエスは、今まで、天国で大勢の人が集まり飲食を共にする楽しいひと時の大宴会のたとえを話された。イエスの言葉を聞いた人々は、気分も良くなり、話が終わってもぞろぞろとイエスの後について行った。そこでイエスは「振り向いて」とは、今までと異なることを話すぞ、今までは楽しい話であったが、これからは厳しい話、聞くあなた方一人一人の態度、生き方が問われる話をするぞ、との前触れだった。
 神の国の招きとこの世の楽しみ、利益が同時にやって来た時、どちらを選ぶかにより、永遠の命の救いに入るか、入らないかが決まる。あなた方は、ぞろぞろ私の後についてくるが、私の弟子になるには、「父、母、妻、子供、姉妹、自分の命まで憎まないなら、弟子になれない」との考えを示された。憎まないなら、とは、捨てる、より一段と厳しい言葉であった。
 イエスに従うとは、肉に繋がるこの世の要求がわたしを拘束するなら、聖なる怒りが「サタン、退け」と言う憎しみの声が発せられる。これは、イエスを愛する私たちの愛から生じた聖霊の働きである。私たちは聖霊の働きによりイエスに従おうとする時、サタンも同時に猛然とイエスを私たちから引き離なそうとする。そのことを想定し、イエスは「憎みなさい」と話された。
 厳しい戦いであるが、これが「自分の十字架を背負ってついて来なさい」である。この戦いを通らなければ、私たちはイエスに属することはできない。イエスに従う人とは、イエスと生死を共にすることなのである。 
 イエスに従う者になって、始めて一度憎んだ父母をはじめとする肉親、わが命を真に愛することができる。真の愛の交わりは、イエスを通し、肉親と永遠の命に導き、肉親をイエスに結び付かせることができる。これが真の愛である。
28-32は、イエスは、弟子になれば犠牲も生まれる二つのたとえを話された。一つは、塔の建設(神の国建設)、もう一つは、サタンとの戦いについてである。塔の建設工事着工前にしっかり予算立て、完成を目指す。また、戦いを開始する前に勝算の有無を考え、勝算有りにより開戦する。
 イエスは、従う者、弟子になる者は、命を懸け最後までイエスに従う意志を求める。それは、厳しさを持たなければ、途中でイエスから離れて行ってしまう。そうなら初めからついてこない方がその人のために良いからである。
 自分の意思をはっきりさせた者が、初めて神の国の宴に就く喜びが与えられる。手にした物一切を捨てなければ、弟子になることができない。余分なものを捨てて初めてイエス一人に集中することができる。
▢まとめとして
 イエスの愛、キリスト教の愛は肉親の愛にとどまらない普遍的な愛、隣人愛の隣人は全ての人を対象に愛する。従って、その中に肉親が含まれる。イエスの愛を知った母マリアは、親子の関係を越えて、イエスの死後、イエスの弟子たちの輪に加わることができたのだった。(使徒言行録1:14)