清水聖書集会代表 紹介:西澤正文

  1951年生。大学4年の秋、医師の誤診により入院。その間、教員 採用試験2次面接が実施されるが受けられず、教員の道を断念し、清水 市役所へ就職する。挫折感を満たすため職場で朝日ジャーナルを定期購 読。同紙上より矢内原忠雄、無教会、キリスト教を知り、また浜松市在 住溝口正氏に出会い、1975年浜松聖書集会参加。

  1976年、溝口氏から清水聖書集会を紹介され、同集会主日礼拝に参加。2000年頃より同集会代表。

  1998年発足以来現在まで、志のある者が協力し合い十字架の福音を語り、またその者を支えるキリスト教独立伝道会の会員である。