(1月)
・テサロニケ5:12-13「主に結ばれた兄弟を重んじ、愛を持って尊敬せよ」は、信仰のよりどころと思われる。私は、県下集い、中部 の集いの交わりに仲間入りさせていただいた。それによりキリスト教を続けることが出来たと思う。キリスト教を知らなかった私が、今このように継続できている。キリスト者との交わりを通して、人としての生き方を学ぶ。年を重ね、思いが常に行動できない。新年の挨拶とかあまり出さない。石原兄については、特に葬式を皆で行った。千葉の奥様の葬儀について書かれた「農夫」、あれから10数年経つが一度も見舞わないできた。元気な姿を見たかった。石川さん、村松さんにしてもそう。ご無沙汰している。テサロニケの言葉が実行できない。恩知らずである。思うばかりで何もしない自分が情けない。さいなまれている状態。残された人生感謝をもって生きていきたい。 
・年齢に関係なく、新年を迎えたならば、新しい目標を立てて日々歩んでいきたい。先の女子テニス選手、大阪なおみさんが全豪オープンで優勝したが、その陰で日々練習メニューを組みコツコツ努力していたことを知る。プロ野球のイチロー選手も、年の初めには、毎年毎年目標を立て、練習に取り組むことは大切と言っていた。年齢を重ねると新しい人との出会いはほとんどなくなり、生活の変化が乏しくなる、それだからこそ、自分自身の目標をしっかり立てて過ごすことは大切に思う。たとえ変わりばえしない生活であっても、一日一日時間を大切に使う事が大事と思う。私は、小田兄の言われた御言葉ノートを作り、常に持ち歩いて御言葉を一つでも多く覚えたい、そのことを今年の目標としたい。


(2月)
・1月8日は小田の母の命日です。愛真高校で同居しました。私の両親の略歴は、教会に通い入信した。弟もクリスチャン。母の兄は信者で、家庭内で聖書を語った。昔身近な人に聖書を語る。父、母の兄弟の何人かがキリスト者になる。山口県萩の小さな島で育つ。教会は無く、家庭礼拝をした。小さな時は聖書の話分らなかった。家の中で讃美歌を歌うのがいやであった。小学生の上級生の時クリスチャンになりたくなかった。我が家だけがキリスト教で、他の家は仏教で異なり嫌であった。両親の祈りが私の魂に入った。両親から与えられたと思っている。大人になり信じた方々は偉いと今も尊敬している。子供に伝えたいことは、神に従う人生をしてほしいこと。そのためには、自分自身がイエスの愛に生きなければならないと思う。申命記6:6-9特に大切と思う。 
・吉村兄発行の「いのちの水」12月号。キリストがこの世に来られた目的が書かれてある。 日本は70年戦争無し。愛が成長したから? いじめ、自殺が多い、進学率50%であるが 愛、真実、正義感が豊かでない。広い視野が育っていない。学生は、抗議の声上げない。 罪の問題の解決はできない。そのためにキリストが来られた。罪の悔いのためイエスが来られた。神は全能の神。人間は罪深いものに過ぎない。人間そのものが消えてく存在。キリストにいることは神と共にいること。どんな人も徐々に弱る。事故に遭うこともある。神がおられる、絶対的な存在であり、神の存在は有り難い。
・昨日、たみ姉の施設を訪問した。以前あった顔、手のあざが、ほとんど消え、顔色もよく元気でした。「皆さんに宜しく」と言っていました。また「温かくなったら集会に参加したい」と言っていた。本当にその日が実現できるように祈ります。