(1月) 
・元木ナカ子姉が、昨年12月に召されて淋しいが、天国は、さぞ賑やかになったと思います。天国から、小さな集会の客として見守ってい

 てくださると思います。健康に注意し、神に見守られ生活して行きたいと思う。

・妻の死から1月が経過した。召されたのは昨日のように思う。毎日ボーとしている。スーパーの人から「あまり店に来ませんね」と言われ

 た。イースターが近い。伝道誌「いのちの水」に「キリスト者の確信」が掲載されている。権力、金に力で押しつぶされ、時に命までも取

 られる。目に見えない出来事がある。正義、悪は目に見えない世界であり、イエスがいた時、悪の力で死んだ。弟子は、目覚ましい力を発

 揮し、神が勝利した。キリストの真理は受継がれている。論理科学では確信得られない。罪が神の愛により赦されるということが、経験に

 より実感する。

・最近、寒いが続いている。体調をしっかり管理して元気でいたいと思う。大橋姉から電話ありまして、「行ける時には突然行きますので、

 皆様によろしくお伝えください」と言われました。

 

(2月)

・保科姉、澤井姉と久しぶりの再会で嬉しい。朝日新聞の声欄に中学1年生の文が載っていましたので紹介したい。「何故勉強するのか?

 卒業は、勉強の始まりと言う。自転車と同じで、若い子の思いに感動しました。子供の頃、自転車乗りの練習は、昔は大人用自転車で練習

 しました。乗れた技術は、一生身に付き体が覚えていて今でも乗れます。学校を出ると終わりか…この中学生は、補助輪が取れ、これから

 が本番が始まると考えている。偉いと思います。若い子は何かで感じます。私も、身につけることを学び、御言葉一つ一つに敏感に感じて

 生活したいと思います。 
・2月14日、NHKテレビで「奇跡の歌」が放映されました。キリスト教の宣教物語で、死から復活の劇映画でした。病を癒す内容は、映像で

 俳優がイエスの言葉を発するので解りやすいものでした。最後まで見ました。カッパドキアの横穴は、使徒ペテロの中央アジア宣教の場の

 ようでした。
  3月に入ると復活祭です。「いのちの水」(2015.3月号) イースター・復活が無ければキリスト教はない、復活があったので天国

 へ行ける希望がある、と。今月のいのちの水にも復活が載っていました。復活祭が待ち遠しく思います。
・今日も寒い中、多くの兄弟姉妹と主日礼拝を一緒に守られ感謝です。まだまだ寒い日が続きますが、健康に気を付けて頂きたいです。
 好きな言葉を紹介します。 苦労が報われ、いつか花が咲く。 百の欠点を無くすより、一つの長所を伸ばす方がいい。